堀越彰 オフィシャルサイト

堀越 彰 オフィシャルサイト

   
堀越彰からのメッセージ
堀越彰からのメッセージ

Sonoligoオンライン番組
“ピアノとドラムでクラシック” 7月も開催します!
第5弾 7月9日(木) 20:00~
第6弾 7月23日(祝・木) 20:00~
https://www.sonoligo.com/OBSESSION

OBSESSION in 沖縄 コザ&那覇&宮古島
今年に入り一度は決まったものの、その後長い自粛期間に入り、一時はもう無理かなと思った時期もありましたが、関係者の皆さまの熱い想いが実り、今年もOBSESSIONで沖縄公演が出来そうです。時間はあまりありませんが、どんな形でも客席が半分になったとしても、このような時に公演出来ることに感謝しています。 1日目は沖縄ロックのスーパーレジェンド ジョージ紫さんをゲストにお招きし、コザの音楽文化の発信地 あしびなーで公演します。2日目は那覇の国際通りのど真ん中 サウンドM’sでのライブは昨年に続き2度目の出演になります。3日目は日本一美しい海を持つ宮古島へ飛び、ドラマー江川ゲンタさんが今年2月にオープンしたダイニングバー Good Luck!に初出演します。
7月16日(木) 沖縄市
沖縄市民小劇場あしびなー
ゲスト:ジョージ紫(Hammond Organ)
7月17日(金) 那覇市
SOUND M’S サウンドエムズ (20名限定!)
7月19日(日) 宮古島
GOOD LUCK!
詳細は7月スケジュールページをご参照ください。
【ご来場のお客様へのお願い】
新型コロナウィルスの感染症の感染予防、拡大防止のため、発熱や風邪の症状のある方はご来場をお控えください。また場内ではマスクの着用をお願いします。ご入場の際にご使用いただけるよう、消毒液の用意をさせていただきます。ご来場いただいたお客様に安心してお楽しみいただくため、安全確保に努めてまいります。ご理解とご協力のほど、どうぞよろしくお願いします。

2020年6月17日(水)
INSTINCT
無観客ライブオンライン配信
ご視聴有難うございました
本日は "INSTINCT-愛と笑いと音楽と-無観客ライブオンライン配信 from 南青山MANDALA" をご視聴いただき誠にありがとうございました。チケットをご購入いただいたお客様は、これより2週間の視聴可能期間となります。引き続きお楽しみください。 
堀越 彰

2020年6月17日(水)
INSTINCT
無観客ライブオンライン配信
 from 南青山MANDALA

【プログラム】
・炎のサーカス団 We are a flame circus
  (Philippe Aymard/Akira Horikoshi)
・月のはなし -Story of the moon-
  (Akira Horikoshi/Kazue Watanabe)
———————————
・SE ~ Flor de Ceibo
  (Philippe Aymard/Akira Horikoshi)
・Quartier Latin (Akira Horikoshi)
———————————
・Pinocchio Story (INSTINCT)
・良い子になります -I will be a good boy- (Akira Horikoshi)
・ピノッキオ Pinocchio (Akira Horikoshi)
———————————
・SE ~ Memory of・・・ (Akira Horikoshi)
・人生いろいろ Jinsei Iroiro (Philippe Aymard)
・My little Monster (Philippe Aymard/Akira Horikoshi)
———————————
・いまひとりでいる君に-You may be feeling so lonely-
  (Akira Horikoshi/Philippe Aymard)
いまひとりでいる君に
You may be feeling so lonely

(lyrics- Akira Horikoshi / music- Philippe Aymard)

いまひとりでいる君に ひとりじゃないと伝えたい
遠く離れた家族や友や 僕がいるからと伝えたい

いまひとりでいる君に 明日は晴れると伝えたい
雨が激しく窓を叩いたとしても 明日は変わると伝えたい

Stay home Stay home いまは寂しいけど 
Stay home Stay home やがて来る朝ために

You may be feeling so lonely but I want to tell you you’re not alone
Your family, your friends... and I am always by your side

You may be feeling so lonely but I want to tell you tomorrow will be a shiny day
Even through the stormy rain, there will be another great day

君と会い 君と話し ただ笑うだけの当たり前の時が
大切な思い出となり まぶしく輝いている

Stay home Stay home 強く優しく 変わらずに 
Stay home Stay home いまを生きてゆこう
Stay home Stay home いまは寂しいけど
Stay home Stay home 君に会える日まで
Stay home


INSTINCT 「いまひとりでいる君に」
皆さま、お元気ですか?
INSTINCTのみんなで曲を作りました。
4人がそれぞれStay Homeしながら作った「いまひとりでいる君に」。お聴きください。
堀越 彰 
INSTINCT
愛と笑いと音楽と
Love, Laughter & Music

いまひとりでいる君に
You may be feeling so lonely

lyrics- Akira Horikoshi / music- Philippe Aymard
Photo : Chiemi Matsumoto & Frederic Viennot
Guest : Miho, Masato Tanaka & Paul Lazar

堀越 彰 Akira Horikoshi(Drums&Per) 
フィリップ エマール Philippe Aymard(Vo&Performance) 
白土庸介 Yosuke Shirato(Guitar) 
フレデリック ヴィエノ Frederic Viennot(Piano&Key)

堀越 彰 




3月18日(水) OBSESSIONセカンドアルバム発売!

三舩優子X堀越 彰 OBSESSION
クラシックピアノとドラムによる
最小にして最大のオーケストラ
待望のCD第2弾「OBSESSION II」

ジュリアード音楽院卒業後、国際的に活躍する日本が誇るクラシックピアニスト三舩優子と、30カ国以上の海外公演を経験し、独自のスタイルで様々なジャンルを凌駕するドラマー堀越 彰が、2014年に活動を開始したOBSESSION。
クラシックピアノとドラムの新たなアンサンブルは化学反応を起こし、耳馴染みのあるクラシックの名曲に「高揚感」と「疾走感」という命が吹き込まれ、新しい風を起こしました。2017年にリリースされた1stアルバム『OBSESSION』は大きな反響を呼び、以降オーケストラとの共演、海外公演など、活動を拡大し続けています。2020年3月、待望の2ndアルバム『OBSESSION II』リリースに伴い始まる「第2章」にご注目ください。
発売日:2020年3月18日(水)
発 売:オクタヴィア・レコード
品 番:OVCT-00173
価 格:3,000円(税抜)
ご購入:オクタヴィアレコードWEBショップ
    アマゾン
【収録曲】
・ファリャ:ナナ(子守唄)~火祭りの踊り
・J.S.バッハ:前奏曲 ハ短調 BWV847 平均律クラヴィーア曲集 第1巻
・ラヴェル:道化師の朝の歌
・ドビュッシー:沈める寺
・カプースチン : トッカティーナ(8つの演奏曲用エチュードより第3曲)
・ヒナステラ:ミロンガ
・シューベルト:魔王 D328
・ドビュッシー:月の光 
・シベリウス : フィンランディア 作品26 
・J.S.バッハ:主よ、人の望みの喜びよ
詳細はディスコグラフィーページへ(試聴ファイル有り)

堀越 彰 




―ご報告―
三舩優子X堀越 彰 OBSESSION アウトリーチ
11月10日(日) 相馬市民会館
11月11日(月) 相馬市みどり幼稚園、相馬市川原町児童センター
11月10日、11日の2日間、キーボードを送り、小さなドラムセットを車に積み込んで相馬の子供達に会いに行って来ました。 10日(日)は相馬市民会館OBSESSION東日本大震災復興支援コンサート。たくさんの子供達と父兄の皆さま、近隣の皆さまが会場に集まってくれ、2部はみどり幼稚園130名の年長さんとピアノ体験、ドラム体験、お歌との共演をしました。みんなリズム感も音程もバッチリで、立派なコラボレーションになりました。最後は僕たちの周りに座ってもらい「ラプソディ・イン・ブルー」を演奏しましたが、お行儀よく座って聴いてくれてビックリ。50分に及ぶ共演をしっかり勤めてくれました。
11日(月)は午前にみどり幼稚園を訪問し、年少、年中、年長の子供達300名と2時間のワークショプ。子供達に叩いてもらいたいと思いカノウプスに提供していただいた小さなのドラムセットは大人気で、順番待ちの大行列になりました。一人ずつ手取り足取り、年少さんは膝に乗せて叩いてもらいましたが、ひとりひとりの性格が垣間見えて楽しい時間になりました。やっぱり打楽器はシンプルでいいですねー。
そして午後は相馬市川原町児童センターで小学1年生から3年生の子供達と遊びました。ここでもたくさんの体験と歌の共演をし、三舩さんのサイン入りのキーボードと僕のサインの入ったドラムセットをこの児童センターに置かせていただくことになりました。
その後いただいたメッセージには、あれ以来毎日子供達のコンサートが行われいてると書いてありました。想像するだけでも楽しく嬉しくなります。
台風19号による被害の大きさから計画当初とはまた違う意味を持つものになった今回でしたが、それでも開催を実現していただいた教育庁はじめ関係者の皆さま、いらしていただいたたくさんのお客様に感謝します。災害の爪痕は今も残り本当に心が痛いですが、また子供達と遊びに相馬に行きたいと思っています。

堀越 彰 


2018年黒蜥蜴公演にてお配りしたサヌカイトのフライヤー


最新MOVIEページ
OBSESSION
レコーディング風景