堀越彰 オフィシャルサイト

堀越 彰 オフィシャルサイト

堀越 彰 ユニット

 MEDIA メディア

WEBマガジン Cheer Up!


仙台発のWEBマガジンCheer Up!に掲載された堀越彰のインタビューです。
OBSESSIONというデュオが誕生したきっかけ、初のアルバム「OBSESSION」発売に至る経緯を語っています。

音楽の友 2017年9月号

下諏訪市民新聞 2017年7月15日(土)


生のサウンド 児童引き込む

2017年7月14日に行った、下諏訪南小学校での「三舩優子X堀越 彰 -OBSESSION- アウトリーチプロジェクト」の様子が下諏訪市民新聞に掲載されました。記事画像クリックでPDFが表示されます。以下が掲載された文章です。


クラシックピアノとドラムスのコンビ「OBSESSION(オブセッション)」は14日、下諏訪南小学校5,6年生(218人)と音楽で交流するワークショップを開いた。児童たちはプロの流麗な演奏に触れ、音楽の楽しさを実感した。
 きょう15日にハーモ美術館で開くコンサートに先立ち、河西敏夫校長の願いを受けて実現した。世界的に活躍するピアニスト三舩優子さんと、ジャズドラマー堀越彰さんで構成するOBSESSIONは、昨年もコンサートに合わせて南小を訪問。三舩さんとの個人的なつながりから、下諏訪でのコンサートを企画した樹脂粘土作家・河西貴子さん(大門)が仲立ちした。
 2人は「展覧会の絵」「ボレロ」などの曲を、クラシックとジャズを融合したサウンドで聴かせたほか、ピンポン球をピアノ線の上に置いてピアノが鳴る様子を見せたり、ドラムスのリズムを手拍子で刻んでもらうなどし、児童たちを演奏に引き込みながら進行。代表児童がドラムスを体験した場面では、会場が一つになって盛り上がった。
 三舩さんは「未来を担う子どもたちに、生の音楽を体験してもらいたい」、堀越さんは「学校の授業や家庭でも音楽に触れていると思うが、それとは違ったプロのミュージシャンの演奏を楽しんでほしい」と話し、子供たちの夢につながることを願っていた。
下諏訪市民新聞 2017年7月15日版より転載

レコード芸術 2017年7月号

JAZZ JAPAN 2017年8月号

リズム&ドラムマガジン 2017年7月号

クラシック音楽情報誌「ぶらうぼ」 2017年7月号


三舩優子(ピアノ)×堀越彰(ドラム) OBSESSION CD発売記念コンサート

http://ebravo.jp/archives/34629

CDジャーナル 2017年7月号

 

ガッティガーデンモール Gatti Garden Mall


三舩優子×堀越彰OBSESSIONにインタビュー!

http://gatti-garden.tokyo/2017/07/02/obsession-3/

ガッティガーデンモール Gatti Garden Mall


三舩優子×堀越彰OBSESSIONの初CD発売記念ミニライブに行ってきた!~銀座ヤマハ~

http://gatti-garden.tokyo/2017/06/11/obsession-ginzayamaha/

ガッティガーデンモール Gatti Garden Mall


三舩 堀越 OBSESSION を丸ビル「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2016」で観てきた! 2人オーケストラのOBSESSIONは風神雷神のように嵐を巻き起こすのだ!

http://gatti-garden.tokyo/2016/05/03/obsession/

長野日報 2016年4月18日(月)


ピアノとドラム演奏 プロがてほどき

2016年4月15日に行った、下諏訪南小学校での「三舩優子X堀越 彰 -OBSESSION- アウトリーチプロジェクト」の様子が長野日報に掲載されました。記事画像クリックでPDFが表示されます。以下が掲載された文章です。


「下諏訪町の下諏訪南小学校に15日、クラシックピアノとドラムのプロ奏者2人が訪れた。5,6年生が学年ごとクラシックなど幅広いジャンルの曲目を音楽室で聴き、間近で本格的な演奏を楽しんだ。
 学校支援事業を行う「なぎがまコミュニティースクール委員会」が招いた。新校舎完成に伴い音響に優れている音楽室を備えたことから、音楽室を利用、本物の音楽に出会える場に---と開催、昨年に続いて2回目になる。
 今回、招いたのはユニットの「OBSESSION」。クラシックピアノは三舩優子さん=東京=、ドラムは堀越彰さん=同=が担当する。
5年生の音楽鑑賞では、三舩さんが「ピアノを好きで好きでたまらないところから始まった」とピアノを始めたきっかけを披露。堀越さんは「世界中にいろいろのリズムがある」と葉無し、複数のリズムを演奏してもみせた。
 児童はピアノとドラムの周りに集まって、楽器の仕組みを勉強したり、実際に音を出したりも。 堀越さんからドラムの手ほどきを受けた小口まゆにさん(10)は「今までドラムをたたいたことはあったが、きょう初めてちゃんとできた」と話していた。」
長野日報 2016年4月18日(月)版より転載